食品衛生責任者になるには

食品衛生責任者とは、食品衛生責任者養成講習を受講した者のことを言い、飲食店や喫茶店、魚介や肉類を扱う販売業に必要とされ、その施設の衛生管理を行うことを目的としています。
食品衛生法の決まりによって、飲食店などを営む場合に置く必要があるとされています。
これは食品衛生法の日本での飲食による危害の発生を防止するために決められています。
そして、飲食にかかわる営業をするために食品衛生管理者になる必要がある場合、社団法人食品衛生協会で講習を受ける必要があります。
日本には東京・横浜・川崎・神奈川の四つの支部があり、いずれかの支部で講習が行われています。
講習内容については変わりはなく統一されています。
また、栄養士・調理師・調理栄養士・食鳥処理衛生管理者・船舶料理士・製菓衛生師などの資格を持っている者は、講習会の受講免除があり、講習会を受ける必要がないとされています。
基本的に資格を取る難易度はそこまで高くないとされていますので、比較的に取りやすいのではないでしょうか。