食品衛生責任者は誰でも簡単に習得できる資格では無い

食品衛生責任者を有する資格は、必ずといいまして、必要では無い施設もあります。
この必要で無い判断は国家が判断を行っています。
ただし、自治体によっては、条例によって、他の資格を有する物に対してのみ食品衛生責任者の講義を受ける権限を設けている場合もあります。
つまり、自治体によっては、持ち合わせている資格が、必ずと言いまして、食品衛生責任者の講義を受けれるとは限りません。
調理師の資格を有さなければならない場合や、食中毒に関する資格を有さなければならない場合もあります。
食に携わる職業に就く場合は、様々な資格にチャレンジを行い、この資格もその一つとする事もお勧めです。
資格の多くは、一度取得を行えば、半永久的に効果を得る事が出来ます。
ただし、この資格においては、自治体によって年に数回の講習時間を受ける必要性を設けている場合もあります。
人を試すテストでは無いため、取得できる場合は、積極的に取得をしておく事が大切です。